1. HOME
  2. 特集
  3. にんにくの芽は食べられるの?

SPECIAL

特集

にんにくの芽は食べられるの?

はい!食べることができます。
にんにくを置いておいたら、芽が出ていて驚いた経験はありませんか?
にんにくから芽が出てきたときに「もう食べられなくなっている」
「芽には毒があるから捨てなくては!」と思っている方が多いかもしれませんが、
伸びた芽は摘み取って食べることができます。

芽の部分にはビタミン類が多く含まれていますし、
芽が伸びることによってにんにく自体の臭いも控えめになっています。
刻んでぎょうざの具に混ぜたり、衣をつけて“てんぷら”にして食べると美味しく召し上がれます。

そこでのポイントは、一般的に「にんにくの芽」と呼ばれているものは、
にんにくの中心部分にある芽とは異なり、花を付けるために伸ばす、花茎と呼ばれる茎の部分を指します。
よくスーパーでも売られていますね。

いわゆるみなさんが最初に想像する、にんにくの中心部分にある芽には、
アクが強くて焦げやすいため、なるべくり除いたほうがいいかもしれません。